一部紙面のご紹介

これが産経新聞

社説検証

普天間基地移設問題
産経新聞は日米同盟そのものを否定するかのような論にはくみせず、現実を直視した主張をしています。

歴史認識
産経新聞は、日本の過去の戦争を「侵略戦争」と決めつける一面的な歴史観を是としません。反省や謝罪に熱をあげるのではなく、未来志向で、国際社会において積極的な役割を果たすよう主張しています。

原発再稼働
産経新聞は、安易な「脱原発」や「再稼働反対」は主張しません。原発が停止していることによる国民、企業の電気料金負担は深刻です。エネルギー安全保障や温暖化対策の点からも原発の安全利用は避けて通れない道です。

産経「中国の脅威を見据えよ」

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

戦前「悪」・戦後「善」に疑問

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

産読日は「地裁が停止」に異議

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

歴史戦

歴史認識をめぐる日本と、中国や韓国との論争は国際世論を味方につけようとする“戦い”へと発展しています。2014年4月に大型連載としてスタートし、その後2年以上にわたって連載を重ね第16部に及びました。日々の紙面でも「歴史戦」として新たなる歴史戦の現場の記事を伝えています。

第10部 終わらぬプロパガンダ

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

第9部 兵士たちの証言

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

コラム

ジャーナリストの櫻井よしこさんや作家の曽野綾子さんら一流の言論人・文化人・経済人のほか、阿比留瑠比・論説委員兼政治部編集委員、加藤達也・元ソウル支局長ら産経新聞の名物記者が執筆する大型コラムが大好評。1面の産経抄は読者の支持が高いコラムです。

産経抄

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

阿比留瑠比の極言御免

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

加藤達也の虎穴に入らずんば

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

生活面

毎日の健康づくりに役立つ「医療」、現役世代の関心が高い「子育て・教育」、暮らしのセーフティーネットである「社会保障」、高齢化時代の人生を豊かにする「シニア」など、日々の生活を楽しく有意義なものとする話題を日替わりでお届けしています。

病と生きる 新田恵利さん

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

父の教え 三宅宏実さん

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

北海道、九州・沖縄にお住まいの皆さまへ

多くの皆さまにとって「産経新聞」は耳馴染みがないかと思います。ですが、産経新聞は皆さまがお住まいの地域で起きているニュースをこれまで数多く報道してまいりました。過去の報道例ではございますが、ご一読いただき「新聞は同じではない」ことを、ぜひご覧いただきたいと思っております。