一部紙面のご紹介

忍び寄る外国資本

産経新聞が報道してきた北海道

産経新聞は、北方領土や竹島の領土問題、尖閣諸島での日本に対する主権侵害、いわゆる歴史認識の問題に関して、他国の言い分に過剰な配慮を重ねる「ありがち」な報道姿勢とは無縁の新聞です。2016年5月からスタートした連載「異聞 北の大地」は、北海道ではなかなか伝えられていない中国資本による不動産買収の動きを報じ、読者から大きな反響がありました。2014年10月に掲載した「島が危ない」では、北の海に迫る危機を報じました。今後も産経新聞の北海道報道にご期待ください。

第4部 北の海浮かぶ火種 利尻と礼文

東京朝刊 島が危ない

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

第2部 正体不明「スイス牧場」

東京朝刊 異聞 北の大地

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

第3部 小樽見下ろす中国系の〝要塞〟

東京朝刊 異聞 北の大地

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。

広大な土地買収 総連議長に紹介

東京朝刊 異聞 北の大地

画像にマウスを合わせると拡大されます

紙面を二回叩くと大きく表示できます
大きく表示した紙面を二本の指で広げて拡大・縮小ができます。